訪問看護便り

みなさん こんにちは。

春の季節になりましたが、まだまだ寒い日が続いています。みなさん風邪などは引いていませんでしょうか?

さて、今回は当社の訪問看護ステーションより投稿いただきました。

エービーシー訪問看護ステーション 佐野です。よろしくお願いします。

先日、訪問看護のセラピスト主催で「浮腫ケア」の勉強会と実習を行いました。

高齢になると、持病などで足がむくんでくる方が多くなります。足のむくみがあると足が重く、動きが悪くなったり、転倒につながりやすくなります。また、動きを制限し、廃用症候群になったりすることがあります。

※廃用症候群とは…

病気やけがなどで、長期間安静にしていることによって起こる弊害の総称。筋肉・骨組織の萎縮(いしゅく)、関節の拘縮、心肺機能の低下、意欲の低下、褥瘡(じょくそう)など。特に高齢者においては、寝たきりの原因となることが多い。生活不活発病

訪問させていただいている利用者の中でもよく見られるため、快適に自宅で過ごせるように学んだことを生かしたいと思います。

勉強会終了後、スタッフの持ち寄りで、食事会を行いました。スタッフ同士のコミュニケーションの場を持つことも忘れずに!

(スタッフで楽しいひと時を過ごすことができました)

 

訪問看護ステーション 管理者佐野さんからの投稿でした。ありがとうございました。定期的に勉強会を開き、利用者・家族のため、日々努力しています。また、投稿させていただきますので、みなさん、ご覧くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です